自分たちでつくるオリジナルの看護
計画を立てどう展開するか、
裁量が問われる分やりがいになる

看護師×子育て 松村さん

インタビュー

自信がつくまでゆっくりでいい、その言葉に励まされました

以前は救急や療養型の病院で看護師をしていました。
訪問看護師は日々医師と同行し、診療業務をサポートや医師の指示書のもと患者様の看護計画を立て看護をすることが主な仕事です。

初めは先輩の業務に同行し、診療の手順や患者様のご自宅までの経路を覚えることから始まります。
慣れるまではこの環境で自分の力を発揮することができるのかを不安に思ったり、医師に対しての苦手意識もあり、向いていないのではないかと考えることもありました。しかし先輩スタッフのサポートもあり、徐々に業務になれることができました。

今では医師とスムーズに連携し、診療内容や看護計画を立てることができるようなりました。

理解あるスタッフのおかげで自分に合った働き方ができています

私には小学生2人と保育園児の子供がおり、忙しい毎日を送っています。今は家族との時間を確保したいので、パート勤務で働いています。

子供が小さいうちは体調を崩すことや行事ごとでお休みをお願いすることがしばしば・・
以前、常勤勤務をしていた救急の病院ではマンパワー不足でギリギリの人数でシフトを回していたため他のスタッフの負担を考えると休むわけにはいかず、子供が体調を崩した際に困ってしまうことがありました。

こちらに勤務してからも発熱の呼び出しなど、急遽お休みや早退をしなければいけない時がありますが他のスタッフが「子供を第一で考えて」と配慮をしてくれるため、子育て中でも働きやすい職場だと実感しています。

家族を大切に、それが当院の特徴です

イベントなどの食事会にはスタッフの子供も出席していて、子供連れで参加することができとても賑やかです。
それは「家族を大切に」という理事長のモットーがあるからです。

私は現在妊娠中で今後産休や育休を取得し、復帰する予定です。妊娠の報告をしたときにも「おめでとう、無理はしないように」と気遣っていただきました。出産への不安はありますが、産休までの仕事を全うし、元気な赤ちゃんを産んで復帰したいと思っています。