すべてはおひとりおひとりの
“満足”のために・・・

質の高い訪問診療を安定して
提供できるクリニックを。

正木総院長

インタビュー

まずは知ること、話を聞くこと、
そこから診療方針を導き出すことが訪問診療です

私は元々堤理事長と医局が同じでして、その縁もあり当院に携わることとなりました。また実家もクリニックを営んでいます。
つつみクリニックの特徴は様々な専門の医師、看護師、放射線技師、リハビリ師など、医療の専門家が連携して医療サービスを提供していることです。
病院では、病気や症状を診断することがメインですが、訪問診療では、その人や家族など、施設のご担当者など、全体を考えながら診療を考えなくていけません。
よりよいサポートを実現するために、本人はもちろん、本人を取り巻く皆様の話をまずはしっかり聞くことを大切にしています。

何より患者様のために、一生懸命に取り組むことができる方と
一緒に働きたいと考えています

患者様の中には自分で症状をうまく説明できない方もいます。本人がおっしゃっていることと、症状に食い違いがある場合もあります。そのため周りの方からのご意見がとても貴重な判断材料となります。
また病院と違って訪問診療では、充実した診療機器がありません。詳しい検査がすぐできない、限られた状況の中で、患者様やご家族、施設の方の情報から適切な判断ができる方と働きたいと思っています。 その際に、患者様やその周りの方の気持ちに寄り添い、謙虚な気持ちで成長できる方であればさらにいいでしょう。
正論だけでは患者様やご家族のご満足いただけない場合もございますので、しっかりと感情を含めてコンセンサスを取れるように柔軟な対応が必要です。

質の高い訪問診療サービスを安定して提供できるように
クリニック一丸となって取り組んでいきます

私がつつみクリニックで目指すものは、常に質の高い診療やサービスを安定的に患者様に提供できるようにすることです。
人によって品質のばらつきが出ないような仕組みを作っていきたいと思います。訪問診療自体がまだまだ新しい分野なので、トライアンドエラーを繰り返しながらまずは足元を固めていきたいと思います。