2020.10.21

ストレッチ 呼吸

ストレッチを行っていく前に、まずは呼吸法を身につけます。
実は呼吸をするのにも、筋肉が働いています。
首や肩、体幹の筋肉がそうです。
猫背のような姿勢が続くと、横隔膜や腹筋がうまく使えずに
胸での呼吸になっている場合が多いです。
そうすると、次の様な悪循環につながっていきます。

 姿勢が悪い
  ↓
 筋肉が硬くなる
  ↓
 呼吸がしづらくなる
  ↓
 呼吸に労力を使う
  ↓
 首や肩の痛みが出る

人は1分間に15~20回呼吸しています。
1日に換算すると約3万回となり、いかに姿勢・呼吸法が大事か!

今回ご紹介する腹式呼吸は、緊張や不安を緩和するとも言われています。
是非、腹式呼吸を身につけて下さい。
次回ご紹介するストレッチでも、腹式呼吸を意識して行っていきます。

では、実際にどのようにやるか写真解説を見ながらご説明します!

                ⬇︎⬇︎⬇︎

 

①呼気から始めていきます。

②両腕を、肩を丸めるように前に出しながら、

 「フー」とゆっくり息を吐いていきます。

③手の甲を合わせる様に、腕を内側にひねります。

④その時、お腹をへこませながら息を吐きましょう。

 (息を吐く時は、無理のない範囲で行いましょう)

時間:3秒くらい

⑤息を全部出しきったら、鼻から息を吸い込みます。

⑥息を吸いながら、お腹をふくらませます。

 イメージは、「脱力」です。

 すると勝手にお腹がふくらみ、自然に息が入ってきます。

⑦それに合わせて、空気が入りやすい様に体を伸ばし、

 手を外側に広げていきます。

時間:5秒くらい

※慣れてきたら、時間を延ばしていきましょう。

※立って行うのが難しい、うまくお腹がふくらまない、という方は

 あおむけに寝て、お腹の上に手を当てて動きを感じると良いです。